就活の動き方と特徴について

就活は、新卒採用、既卒の第2新卒、それ以外によって動き方違ってきます。

一般的に大手企業は、新卒採用を重視する傾向が強く、新卒を対象とした就活は業界によって時期が早いところと遅いところに分かれています。


そのため、自分が就職したい業界をまず絞って集中的に情報を収集する必要があります。

そのうえで、第2希望第3希望の業界にチャレンジをするとある程度整理をした形でことが進んでいきます。



特に学生時代の就活は、たくさんの内定をもらうことが多いため、どこに就職するのか迷うことがあるかもしれません。
その場合には学校には必ず就職課がありますから、そこでの相談がおすすめです。



公にはされていませんが、過去の卒業生がどういった待遇を受けているかという情報を持ち合わせているところもあります。



最近は様々な労働環境で問題になっている企業もないわけではありません。


一人で悩まないで学校を上手に利用しましょう。
既卒の第2新卒とは卒業後数年程度の方のことです。

卒業校によってはサポートを受けることができる場合もありますが、一般的には個人で就活をすることになります。また、就職には七五三の法則というものがあり、中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割の人が3年以内に職を変えると言われています。ただし、難関資格を持ちキャリアアップを目的とした就活は、待遇面でさらに優遇されることもありますが、そうでない方は企業規模が下がる傾向にあります。